茶道教室

茶道に憧れて、図書館やインターネットで調べ、自分なりにお茶を点てて楽しんでいる人もいるでしょう。せっかく茶道に興味を持ったのであれば、思い切って茶道教室にかよってみませんか?

流派

茶道教室に通う前に、自分がどの流派の茶道を習いたいのかを決める必要があります。

あまりにも多くの流派がありますので、自分に流派のこだわりがなければ、どの流派を選んでいいのか迷ってしまうでしょう。茶道における作法や点茶の方法を習いたいだけであれば、流派にこだわりを持たなくてもいいのかもしれません。

カルチャースクールの場合、多くは表千家か裏千家ですので選択の余地もなく、すんなりどちらかに決められるかもしれませんが、茶道を極めたいのであれば、事前に様々な流派を調べ、自分が学びたい流派の茶道教室を探して習うようにしましょう。いざ始めてみて、自分に合わないからといって、途中から流派を変えるようなことはしてはいけません。

茶道教室の種類

茶道を習う場所は、探してみると意外とあるものです。企業や法人が経営しているカルチャースクールや、個人で開いている茶道教室などがあります。

カルチャースクールは期限がいつまでと決められているものも多く、新聞の広告にも定期的に出ていますので、作法や点茶の手順を覚えたいだけであればカルチャースクールでも十分でしょう。

一方、個人で教えている教室は、お稽古事になり、継続して長く続けていきたいのであれば、こうした教室に通うのをお勧めします。

本格的に始めるつもりではないのであれば、カルチャースクールから始め、興味が湧いてきて楽しくなり、もっと茶道を極めたいと思うのであれば、カルチャースクールからお稽古事の教室に移ることもいいでしょう。

カルチャースクールの先生の紹介が受けられる場合もありますので、期限が来る前に相談してみるのも良い方法でしょう。

カルチャースクール

カルチャースクールを探すには、新聞などの広告にも出ることがありますし、こうしてインターネットをする環境があれば、講座の有無を調べると良いでしょう。茶道関係の書籍に掲載されているカルチャースクールは、主要都市中心になりますので、それ以外に住んでいる場合は、タウンページなどでも調べることができますので、問い合わせてみましょう。

個人教室

自分の住む自治体の茶道連盟に問い合わせると、各流派の師範を紹介してもらえますが、インターネットで調べた方が早いかもしれません。もちろんタウンページも頼りになります。習いたい流派が決まっている場合、本部に連絡を取って、最寄りの教室や師範を紹介してもらうという手段もあります。

月謝

カルチャースクールに通うにも、気になるところは月謝や受講料ですね。カルチャースクールの場合、それほど受講料も高くありませんが、時間帯は昼間が多く、受講したくてもできないということがあるかもしれません。

個人教室の場合、月謝の設定はそれぞれの教室で違います。

1度のお稽古でいくらと決められている教室もあれば、1ヶ月いくらと決められている教室もあり、その場合、お稽古を休んだとしても月謝が安くなるわけではありません。また、個人教室の場合、月謝以外にも様々な費用がかかります。

入門料の他にも諸々の費用がかかり、資格を取るためにも比較的高額な費用がかかるということを頭に入れておきましょう。

茶道と向き合う気持ち

カルチャースクールにしても個人教室に通うにしても、中途半端な気持ちで臨むのはやめましょう。実際に通い始めてみて、思っていたのとは違ったという場合もあるでしょう。

お稽古をつけてくれる先生の人柄もあるでしょうし、一緒に習い事をする仲間との人付き合いもあるでしょう。人と関わることなので、色んなことがあると思いますが、事前に情報を集めるなどして、茶道を満喫してほしいと思います。