茶会

茶会が開かれるのは、茶室の他に、野点といって、野外で行う茶会もあります。野点はとても風情のあるもので、細かい作法にのっとって行われる茶道も、野点では簡略化される場合もあり、気負いしない茶会になります。茶室では、歩き方なども定められていて、表千家と武者小路千家の場合は畳1畳を6足で、裏千家は5足で進むなどの作法があります。

茶室

茶室で茶会が開かれる場合、お茶の頂き方はすでに【作法~喫茶】で紹介しましたが、茶室での作法も流派によって様々なものがあります。

襖を開けて入り、好きな場所にいきなり座れるものではありませんので、恥をかかないよう、しっかりと順を追って作法を覚えておきましょう。

襖の開け方と閉め方

茶道の作法だけではなく、和室で立ったまま襖を開けることはありません。襖の正面に座り、必ず座ったままあけます。

流派 襖の開け方・閉め方
表千家 襖の引き手に近い方の手を引き手にかけ、2/3程開け、反対の手で下から30cm程の場所に手をかけて全部開けます。
閉めるときは、襖の引き手に近いほうの手で2/3程閉め、手を変えて全部閉め切ります。
裏千家 襖の引き手に近い方の手を引き手にかけ、襖に手が入る程度開け、下から八寸(24cm)程の場所にその手をかけ、体半分くらいまで開けます。さらに反対の手で残りを開けますが、閉めるときのために、全部開けきらないでおきます。
閉めるときは、開けた時に手をかけた場所を逆手に持って、襖を真ん中まで引き出し、反対の手に持ち替えて建てつけまで引き、その手を引き手にかけ、最後まで閉め切ります。
武者小路千家 襖を引く方向の手を引き手にかけ、1/3程開けたら反対の手で襖の下の部分を押し、襖に対して3/4程を開けます。
閉めるとき、内側からの場合、体を襖に対して斜めにし、引く方向の手で下を摘まんで7割程引き、反対の手で閉め切ります。外から閉める場合は茶道口の正面に座って閉めます。

座敷への入り方

いよいよ座敷に入ります。座敷への入り方も作法がありますので、最初からつまづかないようにしましょう。

流派 座敷の入り方
表千家 襖を開けて正座したら軽く一礼し、扇子を前に進めて畳に両手をつき、腰を浮かせるように、軽くにじって入ります。茶席に入ったら、右手に扇子を持って立ち上がります。座る位置は畳の縁から八寸の所に座ります。
裏千家 茶席の入り口に、扇子の要が右向きになるように膝の前に置いて座り、襖を開けます。茶室の中を確認し、扇子を前にしてにじりながら座ったまま入ります。先客がいる場合、先客の方向に扇子を向けてお辞儀します。扇子を手にして立ち上がり、畳の縁を踏まないように席につきます。座る位置は表千家と同様です。

武者小路千家 扇子を前において茶室の入り口に座り、襖を開けます。両手をついて一礼し、右手に扇子を持って席につきます。座る位置は、懐紙が畳と膝の間に余裕を持っておける程度開けて座ります。

拝見の仕方

席中に入ったら、床の間に進んで扇子を前に置き、一礼して畳に手をついたまま、掛け軸や生けられた花、花入れを拝見し、次に釜を拝見します。風炉や炉の前に扇子を前に置いて座り、両手をついて拝見します。棚がある場合、棚、水指、茶器などを拝見しましょう。

流派 拝見の仕方
表千家 掛け軸の前に花入れがある場合、そのままの姿勢で花と花入れを拝見します。床柱に花入れがある場合、花入れの方に向き直ってじゃ意見し、見終わったら掛け軸の方に向き直り、軽く一礼して立ち上がります。
釜を拝見するときは、正面を向いて座り、釜、炉中、炉縁を拝見し、棚があれば向きなおして拝見します。お辞儀する必要はありません。
裏千家 掛け軸を見終わったあと、花入れに向いなおして拝見します。拝見し終わったら正面を向きなおし、一礼して立ち上がります。
かぎ畳を廻り、点前座に進んだら、風炉釜の正面に座って釜、風炉などを拝見します。棚があれば向きなおして拝見します。
武者小路千家 床の間の拝見の仕方は表千家と同様です。
床の間を拝見し終わったら点前畳まで進み、釜の正面で扇子を前に置いて一礼します。棚がある場合は向き直して軽く一礼して拝見し、釜正面に向いてから立ち上がります。扇子を持って立ち上がったら、必ず茶道口の前に戻ってから席につきます。

これらの他にも、茶器の拝見の仕方の作法もあります。一通りお茶を飲み終わり、亭主が水指の蓋を閉めるタイミングを見計らい、主客が茶器と茶杓の拝見を申し出ます。亭主は茶器と茶杓を差し出して退出したあと、正客から順に拝見することになります。

野点

野点は屋外にフェルトのマットを敷いて、その上でお茶を楽しむものです。

野点は季節の移り変わりを楽しむために行われ、野点と共に俳句や和歌が詠まれたりもします。野点には細かい作法はなく、茶会には自由さがあります。